放射能分析用魚類標準物質(粉末状、灰状)を開発し,頒布を開始

 JST先端計測分析技術・機器開発プログラムの一環として、放射能分析の妥当性確認や測定器の精度管理に使用できる環境・食品の放射能分析用標準物質を開発し、頒布してきました。
 今回、魚類標準物質(粉末状、灰状)を開発し2015年3月31日より頒布を開始いたします。放射性Csのみならずストロンチウム90分析の重要性が増している状況に対応するため約10 Bq/kgのSr-90を含む認証標準物質を頒布します。放射性Csについては、魚類(魚肉)標準物質が低濃度の、魚類(魚骨)標準物質が高濃度のCs-134、Cs-137が認証されており、分析の精確さが確認できます。

 放射能分析用魚類標準物質(粉末状、灰状)を開発・頒布(PDF ファイル)
 日本分析化学会の標準物質Web ページ: http://www.jsac.or.jp/srm/srm.html