放射能分析用牛肉標準物質(フレーク状、低濃度)を開発,頒布開始

Submitted by admin on 火, 2014/01/14 - 15:47

JST先端計測分析技術・機器開発プログラムの一環として、放射 能分析の妥当性確認や測定器の精度管理に 使用できる牛肉の放射能分析のための標準物質を開発し、Cs濃度が400 Bq/kg以上の牛肉認証標準物質を2013年3月29日より頒布しておりました。今回、食品規制値により近い低濃度の牛肉認証標準物質を開発し2014 年1月14日より頒布を開始いたします。測定の精確さを確保するために、高濃度標準物質と合わせご利用いただきますよう、ご案内申し上げます。

詳細 (PDF ファイル)

日本分析化学会の標準物質Web ページ: http://www.jsac.or.jp/srm/srm.html