日本分析化学会第63年会  展望とトピックス

日本分析化学会第63年会(2014年9月17~19日、広島大学東広島キャンパス)
~注目すべき最新の分析化学研究16選~
《安全・安心》
微量分析技術で“ウランの身元”を調べる【G2001】
化学指紋を用いる微細試料の科学捜査【K1005】
植物のセシウム吸収を光で確認【C3011】
玄米中の放射性セシウムの行き場をさぐる【D1010】
飲み水の安全を守る -水中ヒ素の形態別分析-【M1010Y】
色素ナノ粒子からなる高感度イオン試験紙【H2005】
排水中セレンの全自動分析装置:安定した電力供給と安全のために【N2009】
《医療・生命》
糖鎖で癌、抗癌剤の効き目がわかる【H3012】
細胞外pHを認識してがんを光らせる【C3012】
唾液でストレスを計るバイオセンサ開発を目指して【C3003】
からだから放出される活性酸素の計測方法【H3008】
セレン欠乏で見るマウス脳内の必須微量元素濃度の変化【G2004】
《新素材・先端技術》
金属タグを使った代謝物の超高感度分析【G2002】
ドロプレットを用いて単一細胞内の超微量元素分析を実現【G2003Y】
光ピンセットで雲をつかむ【J1021】
次世代リチウム電池開発を支える分析化学【G3004】